スポンサーリンク

ネットで二次創作活動をするならPixivとTwitterの併用がオススメ!

オン活動

生まれて初めて二次創作デビューをしようとしている知人・友人たちから時々くる質問。

「Pixivに作品を載せようと思っているんだけど、Twitterはしなくてもいいかな?」
「Pixivに投稿するの面倒くさいし、Twitterに作品を投げるだけでいいかな?」

私の答えはいつも「両方登録しておいた方が見てもらえる確率が上がるからオススメだよ」です。
実際に、私はこのふたつのSNSを併用することで、作品の閲覧数が増えたと感じています。

スポンサーリンク

Pixivにメイン作品を載せて、Twitterは告知とラクガキ用にする!

私は二次創作(BL)の小説を書くのが活動のメインなので、ここからは二次創作字書き寄りのおはなしになりますが、内容・作品形態が違っても多少は参考になるところもあるかもしれませんので、よろしければ読んでいってくださいね^^

私の場合、Pixivには5000字以上の作品を載せて、Twitterでは日常の呟きの他にPixiv更新の告知や140字~1500字程度でラクガキ感覚のSSを載せています。
Pixivの更新は月に2~3回程度、TwitterにSSを載せている頻度は週に2~3回程度です。

私はジャンル移動するたびに名前とアカウントを一新して作り替え、ゼロからのスタートをしています。
それでも、上記のペースと使い分けでコツコツと活動していくと、どのジャンルでも1ヶ月くらいでPixivの活動カップリング平均ブクマ数を超えています。
その立ち位置が満足か不満かは人によっても違うと思いますが、私はおおむね満足しているというか、書いてよかったなぁと思う程度の反応は得られています。

Twitter経由でPixivの作品を見にきてくれる人は、意外と多い!

なぜPixivにメイン作品を載せているかというと、主にPixivしか見ていない人がTwitterを覗きにきてくれる確率より、普段はTwitterばかり見ている人がPixivまで覗きにきてくれる確率のほうが高いからです。

Twitterでフォローしている人が「新しい作品を投稿しました!」と告知していると覗いてみたくなる気持ちになる人は多いでしょうし、発言力のある大手さんが「この作品、面白かった!」なんて紹介してくれると閲覧数とブクマ数が一気に増えます。
逆に、Pixivのプロフィール欄やキャプションでTwitterアカウントへ誘導しても、あまり効果は得られませんでした。
Pixivの方が作品管理もしやすいですし、閲覧側も見やすいのではないかと思われるので、そういった意味でも、Pixivにメイン作品を置きつつTwitterで読者を増やすのがいいんじゃないかなぁと思います。

誰かがTwitterで紹介してくれれば閲覧数とブクマ数が増えるなら、自分がTwitterをする必要はないのでは?
そう思う人もいるかもしれませんが、紹介をアテにするのなら余計にTwitterアカウントをもつことをオススメします。
なぜなら、多少なりとも交流があってある程度の好感をもっている相手の作品の方が、宣伝してあげたいという気持ちが湧きやすいからです。

もちろん、なかには「良い作品を書いているのになかなか評価されていない人を紹介したい!」という気持ちで、交流をしていない一匹狼を積極的に宣伝する人もいます。
ただ、交流に消極的な一匹狼はそっとしておいてあげた方がいいのでは…と考える人も少なくはありません。
孤立することを選んでいるのだから、余計な宣伝などせずにそっとしておこう。…と思ってしまうんですね。

私もかつて一匹狼だったことがあります。
Twitterでの交流になんとなく疲れてしまって、その次のジャンルでの最初の頃はPixivに作品を投稿するだけにしていました。
しかし、それではあまり読んでもらえなかったので、交流はせずに小ネタやSSを呟くだけという壁打ちのTwitterアカウントを作りました。
すると、交流はしていないのに、Pixivのみで活動していた頃よりも読んでもらえる機会が増えました。
積極的に交流はせずとも、Twitterをやっている方がいいと思います。

PixivでもTwitterでも敵を作らないように心がけるのが大事

Pixivのキャプション部分、そしてTwitterでの日頃からのツイートの影響力は案外大きいです。
どんなに良い作品でも、キャプションを読んで「うーん…」と悪い印象を抱いてしまった人は、作品を読む(見る)前に引き返してしまいます。
Twitterも同じで、ネガティブなことや攻撃的な内容の呟きばかりしていると次第に遠巻きにされ、作品も読んでもらえなくなりがちです。

キャプションもツイートも、基本的には好きなことを書けばいいと思いますし、個人の自由だと思います。
ただ、少しでも読んでくれる人を増やしたいということであれば、ある程度の配慮は必要だと私は考えています。

  • キャプションには余計な雑談を書かない
  • キャプションでは作品の内容を分かりやすく説明する
  • 「自分の萌えは他人の萎え、自分の萎えは他人の萌え」を意識してTwitterを楽しむ
  • 無断転載の画像や動画が貼られたツイートにRTやいいねをしない

私は上記のようなことを気をつけています。
あと、Twitterでは日常の愚痴なども控えるように気をつけています。
どこまで意識するかはその人次第ですが、相手を不快にしないことを心がけるのは大切です。
むやみに敵(アンチ)を作ってしまう言動は避けるようにした方が賢明でしょう。

そして、ネット上に二次創作の作品を載せる場合、検索避けを意識することも大切です。
検索避けについて書いた記事もありますので、そちらにも目を通してもらえると嬉しいです。

読み手を意識しながらコツコツと作品投稿を続けていけば、きっと読んでくれる人は増えるはずです。
お互い、頑張っていきましょうね!