スポンサーリンク

同人活動をするうえで大切なのは技術ではなく熱意

いろいろ

同人活動(創作活動)をしていると、自分の作品のレベルが気になるときがあります。
他の人と比べて「どうして自分はこんなに下手なんだろう…」と思い悩んでしまうことが、私も何度もありました。
そうなってしまうと、感情が負の連鎖を起こしてモチベーションが下がり、創作ができなくなってしまったりします。
でも、同人活動…特に二次創作は、技術よりも熱意が大切なんじゃないかなぁと思うのです。

スポンサーリンク

多少下手だとしても、これでもかと熱意を込めた作品には面白さが宿る!

「この人そんなに絵が上手くないのにすごく人気があるなぁ」
「読みづらい文章なのにこの人の小説はすごく伸びているなぁ」
ちょっと失礼ながらも、そう感じた経験はないですか?

パッと見た感じだとお世辞にも上手いとはいえなくても読み手を惹きつけて沢山のファンを抱えている同人作家さんは、けっこう多いですよね。

そういう方たちの作品って、すごく熱量があります。
「自分はこれが描(書)きたいんだ!!」というエネルギーが、ガンガン伝わってくるんです。

シリアスにしろ、ギャグにしろ、熱意が込められて勢いのある作品は魅力的になります。
多少の粗は気にならないくらい、読み手を作品に惹きつけるんですよね。
そして、熱量が高い作品は面白く感じさせる確率が高く、読み手の満足感も向上させてくれます。

「こういうネタの方がウケがいいんじゃないかな?」「こういう描(書)き方の方が上手く見えるかな?」と悩みながら創作するよりも、自分が思い描いている世界を素直にぶつけて勢いよく作ったものの方が評価されたりします。

実際、私も長年にわたり創作を(二次創作も一次創作も)していますが、よく読まれたり好きと言ってもらえたりするのは情熱と欲望を思うがままにぶつけた作品だったりします。
逆にちょっと取り繕ったというか読者の目を気にしながら書いたものは、思っていたよりも伸びないことが多いです。

二次創作では特に、煩悩をストレートに出してしまった方が良いと思う!

これは個人的な意見なんですが、商業作家を目指しているわけじゃないなら、同人活動(特に二次創作)において技術ってそこまで大きな問題ではないと思うんですよね。

二次創作の場合、書(描)き手にしろ読み手にしろ、推しキャラの原作では見られないアレコレを見たいという欲望を満たしたいんですよ。
その妄想・煩悩・欲望が前面に押し出された作品は、同じ嗜好を持った人にとってものすごく魅力的なんです。

それに、二次創作の場合、絵が少し下手でも文章がちょっと下手でも読者は脳内で補完できます。
原作という皆が共通して持っている情報があるので、イメージの擦り合わせができるんです。
だから、多少の粗は気にせずに作品を楽しみますし、内容を面白いと感じたらファンとして応援したくなるんですね。

これもまた本当に個人的な意見なんですが、絵や文章が上手いけれど原作や推しキャラへの愛情があまり見られない作品より、技術力不足だけど原作や推しキャラが大好きなんだという熱い気持ちが伝わってくる作品の方が、同人作品としては「上手い」と思いますし読んでいても胸が熱くなります。

そりゃあ原作や推しへの愛情もたっぷりで尚且つ絵や文も上手い作品は神ですけども、それには及ばずとも魅力的な作品に惚れ込んでファンになってくれる人はいます。
私自身、ジャンル内ではあまり評価されていないけれど性癖にささる熱い作品を書いてくださる大好きな作家さんを何人も応援していますし、そういう方たちは私にとっては神だと思っています。
私も、誰かにとってのそんな存在になれたらいいなぁと夢見ています^^

同人活動は趣味だし、楽しくやらなくちゃ損!疲れたときには少し休もう!

趣味とは自分の心身や生活や人生を豊かにしてくれるもので、楽しくやるものだと思います。
同人活動だってもちろん、元気に楽しくやるべきですよね。

でも、どうしても思うようにいかず、思い悩んでしまうことはあると思います。
趣味だから好きなように創作していいとはいえ、評価が伸び悩めば気になるし、読者が増えなければ寂しいものです。
創作したいのに気分が乗らなかったり、モチベーションを保てないこともあるでしょう。

そういうときには、一度お休みするのもいいと思います。
無理してアウトプットするよりも、ひと息ついてインプットする時間をとるのがオススメです。

原作を読み直したり観直したり、気になっていた他作品をチェックしてみたり、友だちと遊んだり、美味しいものを食べに行ったり──、色々な息抜きをしてみましょう!

そうすると、意外なところから萌えやネタを発見できて、元気に創作できそうなタイミングというものが訪れます。
書きたくて、描きたくて、たまらない気持ちになる瞬間が、きっとくるはずです。

そうしたら、勢いと情熱でガーッとアウトプットしてみましょう。
難しいことは考えず、思い浮かんだ素敵な妄想を素直に出してみるんです。
スランプの時期を切り抜けて熱意を込めて作り上げた作品は、とても魅力的なものに仕上がっているはずですよ^^

趣味は元気に楽しくするのが1番です!
あまり細かいことを気にせず、頑張るときとお休みするときを上手に使い分けながら、楽しい同人ライフを送りましょう♪