スポンサーリンク

同人活動を長く続けるためにも体調管理には気をつけよう!

オフ活動

同人活動…特にイベント参加等のオフ活動をしている人は、入稿締切が迫ると無理をしてしまうことが多いのではないでしょうか。
寝不足、眼精疲労、肩こり、ずさんな食事で栄養バランス崩壊などなど…。

ですが、その生活を長く続けていると体を壊してしまう確率が高いです!
無理を続けてしまって急死してしまった同人作家さんの話など、Twitterで時々見かけます。
私自身、オフ活動をお休みしている理由のひとつは、無理な生活が続いたゆえの体調不良です。

「こういうところを気をつけていれば、今でもオフ活動を続けられる体だったかもしれないな…」と思うことがいくつかありますので、今回はそれについておはなしします。

スポンサーリンク

徹夜はダメ!絶対!!最低限度の睡眠時間は確保しよう

特に社会人の同人作家さんに多いんですが、原稿のために睡眠時間を極限まで削る人がいます。
日々の生活の中、一番削りやすい時間だというのは分かります。
というか、私もそうでした。ガンガン削ってました。

でも、睡眠時間だって削っちゃいけない時間です!!

ショートスリーパーだから3時間くらい寝れば全然平気…と言い出す人もいますが、ただの気のせいだと思うので、ちゃんと寝た方がいいです。
というのも、私も普通に2~3時間睡眠で原稿して仕事行って…という生活をしていた時期があって、それが私のベストスタイルだと思っていたのですが、ただの気のせいでした。
医学的知識は無いですが、実体験から語っています。

寝不足が続いて免疫力が落ちまくりマイコプラズマ肺炎にかかって寝込んでからは、どんなに入稿締切が迫っていようと、少なくとも4時間の睡眠を確保するようになりました。
すると、体調は格段に良くなりました。
といっても、それでも寝不足気味で体調不良は続いたのですが…。

現在は私はオフ活動はお休みしていますが、そのぶんオン活動を頑張っているので、執筆時間的には大差ありません。
でも、今は仕事のある日は最低でも6時間、休日は7~8時間程度は寝るようにしています。
寝不足していた頃は過敏性腸症候群の症状がひどく、少し長めの距離を電車で移動すると必ず重度の腹痛を起こしていたのですが、今では改善されました。

印刷所で同人誌を刷ってもらう場合どうしても締切が発生するので、入稿前に無理をしがちだと思いますが、できればギリギリで追い込むのではなく余裕を持った原稿スケジュールを立てた方がいいと思います。

それが出来ずにリタイアした人間が言っても説得力が無いかもしれませんが、体の限界を感じた立場だからこそ、睡眠確保としっかりした原稿スケジュールの大切さを実感しているのです。

ジャンクフード・インスタントに頼りすぎず、ちゃんとしたごはんを食べよう!

入稿まで時間が無いと、ついついおろそかにしがちな食事。
ごはんを作っている時間が無いからとファストフードやインスタント食品で済ませたり、あるいは原稿の合間にお菓子を抓んでしのぐ…なんてことをしていませんか?

これ、本当にダメです。
食べたものは自分の体の養分となり、エネルギーとなります。
ただでさえ寝不足が続いている状態で、栄養バランスまで崩壊してしまったら、肉体が受けるダメージは半端ないです。

脱稿までの1週間、ひたすらコンビニ弁当・インスタントラーメン・ファストフードのテイクアウトなんて生活をしていたら、内臓も髪も肌も死にます。
ええ、実体験に基づく発言です!!

私は大体は早割を使って早期入稿していたので、原稿生活を脱出してイベント当日まで1~2週間くらい時間がありましたが、その期間内で一生懸命に生活スタイルを整えても、体は完全にリカバリ出来ませんでした。

肌は荒れるし、髪はパサパサだし、胃腸の調子は悪いし、とりあえず太るし…、ほんといいことありません。
睡眠と同じくらい、食事内容も大事です。
できれば、原稿修羅場中でもきちんとしたごはんを食べた方がいいです。絶対に。

オススメなのは、いよいよ原稿修羅場に差し掛かるっていうときに作り置きできるおかずを作っておくこと。
1週間分の作り置きおかずを一気に作っておくと、本当に楽だし便利です。

ネットでも色々なレシピ情報が載っていますが、時間を節約したいときはいちいち調べているのは手間なので、修羅場飯用にレシピ本を1冊手元に置いておくのをオススメします。
私が愛用している1冊は、こちらです。

一度集中して一気に作ってしまえば、1週間は楽しておうちごはんを食べられます。
健康を維持して長く同人活動を続けていくためにも、ちゃんとした食事をとるようにしたいですね!

原稿に集中していても1時間に1回くらい体をほぐしたり目を休めたりしよう!

今は、絵描きでも字書きでも原稿作業のほとんどをパソコンで行っている人が多いと思われます。
パソコンは、デスクトップ型でもノート型でも、長時間の作業が肩こりや眼精疲労に繋がりやすいです。

原稿に集中しているとつい何時間もパソコンと睨めっこをしてしまいがちですが、1時間に1度くらいは目と体をほぐしてあげる時間を取った方がいいと思います。

立ち上がって腰を回したり、足を伸ばしたり、腕や肩を回したり…といった簡単なストレッチでいいので、作業の合間に行いましょう。

目は、数分間閉じてみるとか、ぐぐっと目を閉じて勢いよくパッと開くなどすると、なかなか気持ちいいです。
目の疲れがひどいときには、蒸気が出るアイマスクを使ってひと休みするとかなり楽になります^^

寝不足になると疲れ目や肩こりも酷くなる気がするので、余計に気をつけて、きちんとほぐして休憩するようにしましょう…!!

元気に同人活動をするためにも、自分の体は大事にしよう!

大好きな同人イベントだって、体調不良だったら100%楽しむことができません。
原稿期間でボロボロになった体ではなく、元気いっぱいな健康体で参加した方が、絶対に良い思い出になります。

大事な趣味を満足いくまで続けていくためにも自分の心身は大切にしないとダメだなぁ、と痛感しています。

頭では分かっていても、体にはついつい無理をさせがちです。
今はそれで大丈夫と思っていても、いつかガタがきてしまうので、常日頃から自分の健康状態を意識するようにしたいですね^^