スポンサーリンク

適度な課金は悪いものじゃないと思う、という話。

いろいろ

スマホアプリゲームは課金要素が含まれているものが多いです。
バトルゲームだったり、恋愛ゲームだったり、パズルゲームだったりとジャンルは様々ですが、最近のアプリは何らかのアイテムや特典に対して課金できるシステムを実装しています。

ソシャゲに課金している人たちに対し、無駄遣いだと眉を顰める人ってけっこういますよね。
でも、課金するという行為(出費)は、必ずしも悪いものではないと思います。

スポンサーリンク

課金によって大好きな作品を支えている

「ガチャで○○を引きたいから石を買う!」
「最強装備にするためにアイテムに課金する!」
「ゲームをしている時間があまり無いから時間短縮機能に課金する!」
などなど、課金をする動機はユーザー(プレイヤー)それぞれで異なります。

ただ、どんな動機にせよ、根底にあるのは「その作品が好き」という気持ちです。
大好きなアプリでより楽しく遊べるように、より満足感を得るために、お金を支払うのです。
そして、その課金はアプリ開発元を支えていくことになります。

無課金で遊べるアプリも多いですし、課金せずにゲームを楽しむユーザーは多いでしょう。
でも、無課金ユーザーしかいないという状況では、そのアプリはすぐにサービス終了してしまいます。
ゲームコンテンツを充実して更新していくためには、開発資金が必要です。
開発元が潤わなければ、自分の大好きな作品が消えてしまう可能性が高くなってしまいます。

課金している人にその意識があるのか無いのかは人それぞれだと思いますが、彼らが支払ったお金がそのアプリを支えていくことになるのは事実です。

個人的には課金は嗜好品への出費と大して変わらないと思う

「いくら好きだからってゲームなんかにお金を使うなんて…」と言う人もいるでしょう。
でも、息抜きや趣味のためにお金を使うというのは、何もソシャゲに限ったことではないですよね?

ゲームの課金は、最低額は数百円程度からに設定されているものが多いです。
課金は嗜好品に近いというか、お酒やタバコ・お菓子なんかにお金を使うのと大差がないと私は思います。
数百円程度で満足できる人もいれば、もっとリッチに楽しみたい人もいる。似たようなものです。

「ソシャゲに課金しても手元に何も残らない」という人もいますが、それは嗜好品だって同じです。
その一時の欲を満たして楽しい気分を味わうという意味では、そう変わらないと思うんですよね。

だから、お小遣いや自分の稼ぎの中で生活を圧迫しない程度であれば、課金したっていいんじゃないかなぁと思います。

生活に困るレベルでの課金はもちろん絶対ダメ!

適度な課金は別にいいじゃないと思うんですが、稀にいる借金してでも課金するような人たちはダメだと思います。

先ほど、ソシャゲの課金は嗜好品に近いと思うというおはなしをしました。
嗜好品というのは、生きるために必要ではないけれど心を満たしてくれるようなものを指します。
つまり、生活が困窮するレベルで追い求めてはいけないものです!

だから、いくら好きな作品だろうと、生活に余裕が無いのであれば課金はしちゃいけないと思います。
あくまでも日々の生活は維持できる程度で、ちょっとした楽しみのための適度な課金に留めておくべきです。
この「適度」は人によって変わってきますので、自分の生活水準を自覚したうえで課金するようにしないとダメです。

数百円が適度な人もいれば、月に数十万円手放しても大丈夫な人もいますからね。
人それぞれなのだから、変に重課金兵たちを意識して対抗衝動にかられないように注意しましょう。

ちなみに私は殆どパズルゲームしかしないのですが、月に大体500円~1,000円くらい課金しています。
パズルなので無課金でも全然遊べるんですが、「いつも楽しませてくれてありがとう」という気持ちからの課金です。
もう1年半くらい遊んでいて、今でも毎日通勤電車内でプレイしています^^
満足するくらい遊んでいるし、無理のない範囲での微課金なので、たぶんこれからも続けていくんじゃないかな~と思っています!