スポンサーリンク

私がシンプルなヘアケアをするために気をつけている5つのこと

暮らし

以前から何度か記事にしていますが、私はヘアケア用品として使っているのはカウブランドの無添加シャンプー(さらさら)のみです。

シャンプー以外に使っているものはありません。
あ、ドライヤーとかタオルとかそういった日用品は使用していますけども!
リンス・コンディショナー・トリートメントといったものは一切使っていません。

それでも、ホルモンバランスが崩れているとき以外は髪がパサパサになることもないですし、天使の輪は常にありますし、しっとりやわらかサラサラヘアーを維持しています。

シンプルにシャンプーだけでヘアケアするために気をつけていることがいくつかあるので、今回はそれについておはなしします!

スポンサーリンク

①髪や頭皮を擦りすぎず傷つけないようにする

かつての私はシャンプーをするとき、強いかゆみを取りたい一心でガシガシと力強く洗っていました。
爪でひっかくような洗い方だった頃もありますし、シャンプーブラシで力いっぱい擦っていたこともあります。

でも、今は指の腹で優しく撫でるように洗っています。
シャンプーブラシも使っていません。

頭皮は指で丁寧に撫でながら、髪そのものは優しく揉み込むようにして、だからといって時間をかけすぎないようにも気をつけています。
というのも、私の場合、シャンプー液が長時間頭皮に触れていると変なムズ痒さが出てしまうんです;

シャンプーを変え、洗い方を見直してみたところ、洗った直後も時間が経ってからも、かゆくなることがほとんど無くなりました^^

②お湯をたっぷり使ってすすぐようにする

シャンプーで洗う前にたっぷりのお湯ですすぎ洗いをして、シャンプーの後は泡などが残らないようにしっかりとすすぎ流すようにしています。

当たり前のことかもしれませんが、シャンプーのすすぎが足りないと頭皮にかゆみが残ってしまいます。
流したつもりでも意外と残っていたりするので、念入りに隈なく流すことが大事です。

お湯ですすいでいるときにも、指などで擦ったり引っかいたりしないように注意しています!

③拭くときも濡れた髪の水分をタオルで吸い取る感じで擦らないようにする

洗髪後、タオルでガシガシと拭いてしまうのも、髪を傷めてしまう原因のひとつだと私は考えています。

だから、濡れた髪を拭くときには髪をタオルで挟み込んで水分を吸い取るようにしています。
髪の先のほうの毛束はタオルで包みながら優しく絞ってみたり、頭皮のほうはタオルを押し付けて水分を吸収したりするのがオススメです。

吸水性の高いタオルであれば、この方法でも十分に髪の水分は取れます!
私がよく使っているお気に入りタオルは、今治産のものです^^

入浴後は少し休んでからドライヤーで髪を乾かすという人はけっこう多いと思います。
私も以前はそうだったのですが、髪を洗ったあとはなるべくすぐにドライヤーで乾かしたほうがダメージが少ないように感じたので、今は必要なスキンケアをしたらすぐに乾かすようにしています!

まずは温風でしっかりと9割程度まで乾かしてから、仕上げに1割分の水分を冷風で乾かすという感じです。
この乾かし方は美容師さんに教えてもらったのですが、コンディショナーやトリートメントをしなくても髪がサラサラに整います!

ドライヤーは温冷切り替えできるものであれば、高価なものじゃなくて大丈夫だと思いますが、うちにあるものは一応イオンが発生するタイプのものです。

ホルモンバランスが崩れているときは特に、髪が絡まりやすくなります。
梳かしているときに櫛やブラシが引っかかると、イラッとしますよね;;

でも、そこで絡まりを解こうとして櫛やブラシで力任せにガシガシとやってしまうのはダメです…!

強くがむしゃらに梳かしてしまうと、髪が傷んだり抜け毛が増えやすくなってしまう気がします。

あくまでも私の個人的な感覚ですが、ちょっとずつ根気強く絡まりを解くように梳かしてあげたほうが、髪のダメージは少ないんじゃないかと思います^^

シンプルなケアのためには優しく丁寧にひと手間かけるのが大事!

私が心がけていることは、どれも大したことではありません。
ずっとそうしてきた人にとっては、何を当たり前のことを言っているんだ?と思うかもしれません。

でも、私のように根っからのズボラで雑な人間にとっては、体をいたわり丁寧に処理をするという当たり前のことが意外とできなかったりするのです^^;

シンプルライフを目指すには「丁寧」という言葉が切り離せないものなんだな、としみじみ思っている今日この頃です。

シャンプーでの洗髪だけでも、丁寧に髪と向き合うようにすればシンプルなヘアケアが成り立つものですね^^

シンプルなスキンケアについての記事も書いているので、よろしければそちらも読んでみてください♪