スポンサーリンク

アレルゲンフリーチョコレートというものと出会ったので買ってみたら普通に美味しかった!

いろいろ

ドラッグストアの特売品コーナーで目に付いたお菓子、アレルゲンフリーチョコレート。

でかでかと「不使用」と書かれており、まるで赤マジックで書いたような太線の×印がインパクト絶大のパッケージ。
なんとなく気になって買ったみたので、今回はアレルゲンフリーチョコレートについてのおはなしです^^

スポンサーリンク

アレルゲンフリーの専用工場ラインで製造している安心感

上記の写真の通り、表示が義務付けられている特定原材料などを使用していませんよ、というのがウリのチョコレートのようですね。

ただ、そもそも板チョコの原材料ってアレルギー成分は含まれていたっけ?…と最初は少し不思議に思ったり。
さすがに海産物とかヤマイモ・マツタケは無いだろうし……、乳やナッツ類や果物なんかはチョコとイメージ結びつきますけど、いたってノーマルな板チョコなら乳以外は大丈夫なような?

でも、そう思えるのは食物ならせいぜい生の卵白くらいしかアレルギー反応しない身の上だからかもしれません。
いろいろなアレルギーで悩まされている方にとっては、このくらいキッパリと「不使用!!」って主張されているほうが安心できるんじゃないかなぁと想像できます。

それに、アレルゲンフリーの専用工場ラインで製造されているのも大きなポイントなのでしょう。
いくら商品そのものはアレルゲンフリーでも、同じラインで作っている他のものからアレルギー成分が混入してしまう恐れもあるわけで。
その心配が無いというのは大きいですよね^^

また、このアレルゲンフリーチョコレートの原材料は、パッと見た限りでは他の板チョコの原材料と大した違いが無いようにも見えます。

しかし、注釈があるように乳化剤に大豆由来のものを使用していないという点が大きいと思われます。
他社の板チョコの原材料をいくつか確認してみたところ、乳化剤が大豆由来のものが多かったです!

味は普通のチョコレート!普通においしい!

開封してみたところ、見た目は本当に普通の板チョコ。
星座のマークが型押しされているのがかわいいですね♪

さて、気になるのは味ですよね…!
普通の板チョコのように普通に割って食べてみたところ…なんと……!!

普通においしいチョコレートでした!!^^

私は高カカオチョコレートのように甘さ控えめのチョコレートのほうが好きなのでダークを買ったんですが、しっかり甘みのある普通のチョコレートです!
ダークなので、一般的なミルクチョコよりは若干ほろ苦さはありますけど、本当に普通に甘いチョコレートです。

ちょっと味が薄いとか薬品っぽいとか、何かあるんじゃないかと思っていたんですが、そういったことは別に無いですね。
アレルゲンフリーって事前に知っていなければ、ただの普通の板チョコだと感じると思います。

私個人としてはちょっと肩透かしだったような気もしますが、逆に、アレルゲンフリーでも普通に美味しいチョコレートというのは、アレルギー体質の人にとっては最高に幸せなチョコレートなのではないでしょうか!

アレルゲンフリータイプの市販のお菓子がもっと増えるといいなぁと思う

食物アレルギーがある人って、日々の食事が本当に大変だなぁと思います。

私は前述の通り生の卵白にアレルギー反応をしてしまうので、TKGのときには黄身しか使えないし、すき焼きのときにも生卵は使わないようにしています。
不便といえばその程度ですが、それでもなんとなく肩身が狭い思いや残念な気持ちになってしまうことがあるのです。

これが、加熱非加熱関係なく卵アレルギーの人や小麦アレルギーの人だと本当に大変だと思います。

アレルギー体質の子どものためにお母さんがおやつを手作りしたりする話、人からも聞きますし、ネットでもよく見かけます。
子どもはお母さんの手作りおやつは嬉しいと思いますが、お母さんはとても大変でしょう。
そして、子どもだって時にはよその子のようにスーパーやコンビニで買ったお菓子が食べてみたいときだってあると思うのです。

だから、こういったアレルゲンフリーの市販のお菓子がもっと増えたらいいのになぁ…と感じました。
今回のアレルゲンフリーチョコレートが普通に美味しかったからこそ、こうして普通に美味しいアレルゲンフリーおやつが増えてほしいなぁと思ったのです。

市販されても私が住んでいるような田舎にはなかなか浸透してこないかもしれませんが、またこういったアレルゲンフリーのおやつを見つけたら買ってみたいと思います!